Entries

ストール…

昔からの…

DSC01467.jpg

縞…

DSC01469.jpg

*Comment

NoTitle 

 理屈抜きで惹かれる色合いと雉の質感です。シャツに使いたいですね。バックもいいのではないでしょうか。もちろん、マフラーが最高でしょうが。もし売っていただけるとなったら、わたしゃ言い値で買い求めることでしょう。最近、自分が美しいと思うものに囲まれて生活したいという願望を強く持つようになりました。
  • posted by スキップ 
  • URL 
  • 2015.10/29 08:36分 
  • [Edit]

スキップさん 

こんばんは~

綿から糸を一本ずつ手で紡ぎ
草木で染めて手織りしています。

藍色は兵庫県西脇の播磨藍(天然藍)で染め
茶色とベージュ色は丹波栗で染めています。
全て自然からの贈り物です。
  • posted by tanbattuko 
  • URL 
  • 2015.10/29 22:57分 
  • [Edit]

NoTitle 

 兵庫県西脇にも藍生産があるんですか。私は徳島だけかと思っていました。まだまだ、伝統産業はしたたかに生き残っているんですね。それを知っただけで得をした気分になりました。
 私が育った埼玉川口は鋳物で有名ですが、今では最盛期の十分の一にも満たない会社しか無くなりました。味噌、釣竿、植木も盛んでしたが、どれも衰退の一途を辿っています。私の母方の伯父2人は釣竿職人でしたが、亡くなり、その跡取りもいません。伝統産業は消え逝く運命にあるようです。
 そこで、私も、少しでも、その消費者になろうかと思っているところです。
  • posted by スキップ 
  • URL 
  • 2015.10/30 07:26分 
  • [Edit]

スキップさん 

こんばんは

播磨でもかなり昔から藍の栽培を
されていたようですが…

様々な分野での先人の想いを
なんとか伝えていきたいものです。

  • posted by tanbattuko 
  • URL 
  • 2015.10/30 18:47分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Information



★ 丹波布の 
  情報を
  お知らせします。

                              

◎文字にカーソルをもっていくと、お知らせが止まります。

Profile

tanbattuko

Author:tanbattuko
丹波布(たんばぬの)
8人の織り姫たちの物語です。

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Clock

Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Searchform

Mouse Star

Andante

Counter

右サイドメニュー